FC2ブログ

矢切SC 25th MEMORIES'

矢切サッカークラブ25期生~活動のあゆみ~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交流試合【11/3】結果

平成20年11月3日 会場:葛飾区木根川球技場

●矢切SC 0-3(0-1/0-2) 葛飾ブルトンSC
得点者:前半5分(ブルトン)後半1・4分(ブルトン)
【コメント】
諸事情で14名参加と少なめでしたが『とにかく動き回る』をテーマに試合開始。
立ち上りから劣勢でDF陣の裏を取られることが多く、5分にサイド攻撃から失点。その後も中盤でボールが奪えず劣勢のまま前半終了。中盤の運動量の少なさ・ボールウォッチャーにならないことを修正して後半を迎える。
しかし、前半同様に立て続けに失点を重ね、後半は得点どころかシュートチャンスすら作れない展開で劣勢のまま試合終了。

●矢切SC 0-2(0-2/0-0) 東川口FCジュニア
得点者:前半2・19分(東川口)
【コメント】
細かいパスワーク・ドリブルでコンパクトにプレーしてくる相手に対して1試合目同様に中盤でボールが奪えず中央を突破されることが多くお見合いする場面も見られ立ち上がりに失点し、前半残りわずかで更に追加点を奪われるなど集中力を欠いた時間帯に失点するなど苦しい展開で前半終了。
ここまで中盤でボールを拾えないことが多かったのでポジションをガラリ一変し、後半を迎える。
後半は迷いの無い動きでチャンスを何度も作った兼田やストッパーながら攻撃にも積極的に参加した佐藤など動きも良くなり攻撃陣も奮起して積極的にシュートを放つなど少しは良くなったが得点は奪えず試合終了。

今回の試合は劣勢な内容だったが「誰がいないから」「ポジションが...」など自分に逃げ道を作らず『サッカーを知る』良い機会だったと思います。気持ちひとつでここまで劣勢になってしまったがそんな中でも迷わずプレーできた兼田のように『しつこいプレー』をみんなが出来たら相手にとってこんな嫌なチームは無いと思います。思ったプレーが出来ない状況なら相手にも思ったプレーをさせない気持ちの強い選手を目指して頑張っていきましょう!
スポンサーサイト

| 試合結果 | 16:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。