FC2ブログ

矢切SC 25th MEMORIES'

矢切サッカークラブ25期生~活動のあゆみ~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東葛名誉会長杯・1回戦[結果]

平成20年11月2日(日) 会場:松戸市千駄堀グランドAコート
東葛名誉会長杯(東葛リーグ・決勝トーナメント)1回戦

●矢切SC 0-2(0-2/0-0) 六実SCブルー
得点者:前半11分(六実)19分(六実)
【コメント】
立ち上がりは若干緊張している様子は見られたが良く声も出て凸凹のピッチに苦しみながらも一進一退のまま10分が過ぎ、中盤でボールを奪い、前線にパスが通ったがそこを奪われて逆にカウンターから矢切守備陣の裏を突く絶妙なパスが通り先制点を奪われる。この失点から徐々に落ち着かなくなり始めて判断も鈍り精度を欠いたプレーで劣勢となり苦しい時間が続いたが何とか持ちこたえ前半残りわずかの時間で1点目と同様の形で追加点を奪われ前半終了。
ハーフタイムでは足元の悪いコンディションにも関わらず強引なプレーが目立ち狭いエリアでの受け渡しでピンチを迎える場面が多く見られたのでシンプルに繋ぐことを意識して後半開始。
後半は前半から一変しパスサッカーで左右の揺さぶりも出来て相手陣内でのプレー時間が多くなったが前を向いたプレーが出来ずシュートまで行き着かない。逆にエリア内に攻め込まれPKを与えてしまったがシュートは枠外でピンチを逃れ、またチャンスも訪れたがここでも決めきれず終了間際のコーナーキックのチャンスもひと押しが出来ず試合終了。
内容的には悪くなかったが気持ちがひとつになりきれていない印象でもあった。
ピッチ内で自分の意見をもっとぶつけ合って「したいこと」「してほしいこと」を言い合ってプレーを共有してほしい。但し、頭を柔軟にして時にはリスクを犯す勇気も忘れないでほしいし、答えは一つではないのだから仲間の声にも耳を傾け自分の思った通りに行かなかった時には違った観点からチャレンジすることも必要だと思います。
また、控えメンバーも試合前からベンチ席の取り合いなんかしてる場合ではないですよ!
控えメンバーも戦力なのだからいつでも出れる気持ちと準備を怠らず、交代選手にお決まりのような「ナイスプレー!」の声も時にはそうでない交代もあるわけなのだから「あの場面はこうした方が?」などベンチで感じたことを伝えてあげることも必要だと思うし、交代出場する選手にアドバイスしてあげることがあっても良いと思います。そういったひとつひとつの積み重ねがチーム内での『意識の共有』となり、その連動から奪った得点は格別なものとなるでしょう。仲良しだけが『チームの和』では無いですよ!本当の気持ちをぶつけ合える仲間になっていきましょう!
スポンサーサイト

| 試合結果 | 22:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。