FC2ブログ

矢切SC 25th MEMORIES'

矢切サッカークラブ25期生~活動のあゆみ~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2ブロック予選【9/15】ボンバー結果

第2ブロック大会・5年生大会 予選リーグDグループ

●矢切SCボンバー 0-4(0-1/0-3) ペガサスJFC
得点者:前半9分(ペガサス)後半1分・12分・16分(ペガサス)
【コメント】
昨年のブロック予選・東葛予選では『あと1試合』・今年の県大会では『あと数秒』と『あと一歩』のことろまで来ているボンバーがブロック予選を迎えました。
とにかく気持ちを前面に出して足を止めないことをテーマに試合開始。
試合序盤は相手陣内に攻め込む場面も見られチャンスがあったものの攻撃陣の足が動きません。すると徐々にペースを握られ、守備に廻る機会が増えたものの、守備陣が体を張って何とか耐えてチャンスを待ちましたが中盤の4選手に粘りが見られずゴール前のミスキックを押し込まれ失点。しかし、GK駒寄を中心に橋本・坪井・佐藤・牧の守備陣が追加点を許さず前半終了。
ハーフタイムではあれこれ考える前にまずは責任感を持ってプレーすることを確認して後半開始。
しかし、開始直後に左サイドをあっさり突破され、追加点を許し、12分に3点目を奪われると気持ちが切れて続けて失点。守備の時間帯が多く、完全に足が止まってしまった。中盤がワンプレーで終わってしまい、パスを自由に廻されるなど苦しい内容だったが時折、カウンターで諦めずボールを追い続けた池谷や途中出場の高野など前線からプレスで相手を慌てさせるプレーも見られたが得点は奪えず試合終了。

○矢切SCボンバー 1-0(1-0/0-0) フォルテ野田SC
得点者:前半1分(駒寄)
【コメント】
前線からしっかりプレスを掛けるためにポジションをガラリと変更し試合開始。
開始直後の遠めからのシュートを拾ったGK佐藤が素早く前線へ蹴り出し、そのボールに反応した駒寄が相手守備陣を振り切り先制点を奪う。早い時間帯での得点で先ほどの重苦しい雰囲気を一変させ、全体の動きも良くなった。しかし、相手の速いカウンター攻撃に対応出来ず次々とシュートを撃たれるが精度を欠いて何とか持ちこたえる。しかし、何度も同じ形から突破させているにも関わらず対応出来ない守備陣。ボールウォッチャーになってしまい、ズルズル引き込まれ裏を突かれるの繰り返しで徐々に体力も落ち、完全に振り切られる場面もあったがGK佐藤のファインセーブに救われ前半終了。先を急がずにまずは守備からしっかり組み立てていくことを確認して後半開始。
しかし、前半と同様の展開になり再三のピンチを迎えるが相手も焦りからシュートの精度も下がり何とか耐える。先ほど試合やこの試合でもハーフタイムで話しを聞く姿勢が出来ず、遠くに逃げるように吸水し、話にも目を見れないなど気持ちが伝わってこない選手が多いのが残念だった。ピッチ内の選手の気持ちに温度差を感じるし、他人任せなプレーも多い。以前は気持ちを前面に出し、何とかしようと必死に聞く姿勢や仲間を信頼するプレーが多くチームとしての協調性はアタック以上に高かったはずなのにメンタル面の弱さがプレーにも出てぎこちなかった。その中でも駒寄はFKで頭を使ったプレーを見せ、惜しい場面もあったが内容的にはほぼ相手に主導権を握られシュートを次々放たれたが何とか試合終了。
試合には勝ったが課題が多い内容でした。残りの一戦はもっと自分に厳しく接し、精一杯プレーして充実した試合をしていきましょう!
スポンサーサイト

| 試合結果 | 00:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。