FC2ブログ

矢切SC 25th MEMORIES'

矢切サッカークラブ25期生~活動のあゆみ~

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10/25 東葛予選

平成21年10月25日(日) 矢切河川敷グランド

東葛予選リーグ
○矢切SC 2-0(1-0/1-0) ペガサスJFC
得点者:前半15分(久保)後半19分(合場)
【コメント】
相手はインフルエンザの影響か10名で数的優位な試合となるはずでした。
開始直後から相手陣内へ攻め込みチャンスを作りましたが肝心な場面でのトラップが悪く、良い体勢でシュートを撃たせてもらえない展開が続きます。徐々に攻め急ぐ場面が多く数的優位を作る前に奪われカウンター攻撃を許すなど不安定な内容でした。しかし、15分に合場の動きから出来たスペースを活かして久保がついに先制点を奪って前半終了。
ハーフタイムではゴールを急がず、空いたスペースへ顔を出してシンプルに繋ぐことを確認して後半を迎えます。
しかし、後半も内容が変わらず逆に間延びしたスペースへ相手の素早いパスワークから崩されるなど苦しむ場面を見られました。しかし、前半から厳しいチェイシングを続けていた相手にも疲れが見え始めると合場の突破から終了間際に追加点を奪って試合終了。
試合には勝ったものの、運動量では負けている内容で「心の隙」を次の交流試合で調整したいと思います。

交流試合(20分ハーフ)
○矢切SC 9-0(5-0/4-0) 鎌ヶ谷少年SC
得点者:前半3・10・13分(吉野山)10分(伊藤)13分(吉川)後半3分(長谷部)10分(西野)14・16分(合場)
【コメント】
昨日対戦した相手と再度試合をすることになりました。
相手も本日の東葛予選では昨日とは見違える調子の良さで勢いを感じる状態だったのでこちらもフレッシュな選手で前半を迎えました。
前半はスピードこそ無いものの的確にショートパスを繋ぎ、3分に吉野山が初ゴールとなる先制点を奪いました。すると、10分から伊藤の追加点を皮切りに3分間で4得点を奪い、吉野山もハットトリックの活躍を見せるなど得点ラッシュでした。ダイレクトプレーやサイドチェンジなど全員がボールに関わる動きで奪われてもしっかりチェイシングするなど見ていてワクワクする展開で前半が終了。
ハーフタイムでは後半出場するメンバーも初めはワイワイ応援していたのですが後半が近づくに連れてプレッシャーが襲っているようでした。そしてガラリとメンバーを交代して後半を迎えます。
後半はフィジカル・スピードでゴールを狙い、3分に長谷部が久々の得点を奪い、その後も西野・合場が追加点を挙げて試合終了。
前半出場組はシンプルに繋いだことで少ない運動量で大量得点を奪うことが出来ました。後半出場組は個人技勝負で大量得点を奪いました。前半出場組・後半出場組それぞれの良いところは素直に吸収し、自分に活かしてほしいと思います。

予選突破に向けて残り2試合を大事に戦ってそれぞれのレベルアップに繋がる内容にしてください。
スポンサーサイト



| 試合結果 | 01:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東葛リーグ予選案内

東葛リーグ・予選日程 ※10月30日改訂

【10月24日】矢切河川敷グランド(消化済み)
09:30-10:15 矢切SC vs 鎌ヶ谷少年SC (審判:相互)
10:30-11:15 習志野MSS vs 鎌ヶ谷少年SC(交流試合)
11:30-12:15 習志野MSS vs 矢切SC(交流試合)
12:30-12:50 矢切SC vs 鎌ヶ谷少年SC(追加:交流試合)
13:30-14:15 習志野MSS vs 矢切SC(交流試合)
14:30-14:50 習志野MSS vs 矢切SC(追加:交流試合)

【10月25日】矢切河川敷グランド
12:10-12:55 矢切SC vs ペガサスJFC
13:00-13:45 スリーオークス vs 鎌ヶ谷少年SC(副審:矢切)
14:00-14:45 スリーオークス vs ペガサスJFC(主審:矢切)
14:50-15:35 矢切SC vs 鎌ヶ谷少年SC(交流試合)

【10月31日】※会場提供
09:00-09:45 ペガサスJFC vs 豊四季FC
10:00-10:45 ペガサスJFC vs 鎌ヶ谷少年SC
11:00-11:45 豊四季FC vs 鎌ヶ谷少年SC
※矢切SC U-12 (通常練習) 13:00-16:00 南部小

【11月7日】
09:00-09:45 矢切SC vs スリーオークス
10:00-10:45 矢切SC vs 豊四季FC
11:00-11:45 豊四季FC vs スリーオークス

| 連絡 | 21:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10/24 東葛予選&交流試合【試合結果】

平成21年10月24日(土) 矢切河川敷グランド

徐々に気温を下がり冬に近づいてきている感じです。
6年生としての大会も残りわずかとなり、県大会の次に大きな「東葛地区少年サッカー大会」の予選リーグを迎えました。

東葛リーグ予選・Kグループ

○矢切SC 2-0(1-0/1-0) 鎌ヶ谷少年SC
得点者:前半15分(御園)後半1分(合場)
【コメント】
今回、初対戦となる相手にCTCでの経験を活かして普段通りプレーすることを伝え、試合が始まりました。立ち上がりからボールを支配して次々とシュートを放つものの、シュート精度を欠いて枠を捕らえられずに時間だけが過ぎて時折、カウンターから危ない場面もありましたがDF陣も落ち着いて対処し、決定機を与えません。そして迎えた15分にサイドを突破した西野のグラウンダーパスに御園が合わせて待望の先制点を奪います。その後も、退いた相手に対して積極的に木下のミドルシュートなど突破口を探りましたが追加点は奪えず前半終了。
ハーフタイムではファーストタッチの精度を高め、低いパス・シュートなどを意識的に使うように確認して後半を迎えます。
そして後半開始直後に中央を抜け出した久保のスルーパスに反応した合場が落ち着いて決めて幸先良く追加点を奪いました。その後も両サイドを起点とした攻撃を仕掛けますが前半同様にシュートは枠を捕らえることが出来ません。その後は徐々にプレーも短調となり縦を急ぐプレーが多くなり始めると厚い相手守備陣に対しても崩しきれず跳ね返りからカウンターを食らうなどモヤモヤした展開のまま試合終了。

交流試合(20分ハーフ)
△矢切SC 1-1(1-1/0-0) 習志野MSS
得点者:前半3分(木下)8分(MSS)
【コメント】
公式戦が1試合のみだったため、習志野MSSを迎え、交流試合を行いました。
先ほどの東葛予選の反省を活かして中盤の運動量を増やし、積極的にボールに絡むことを確認して試合が始まると3分に木下が幸先良く先制点を奪ったが8分にミドルシュートを決められ、すぐに同点とされ、その後も硬直した展開のまま、前半終了。
ハーフタイムでは前半失点したゴール正面のミドルシュートをフリーで撃たせてしまった点を反省し、中盤を厚くし、2センターで後半を迎えます。
前半とメンバーを変えて臨んだ後半は相手のパスワークからサイドを突破される場面も多く、守備に廻る時間帯も多かったが相手にシュートチャンスを与えず硬直した展開のまま試合終了。

交流試合(20分1本)
○矢切SC 1-0 鎌ヶ谷少年SC
得点者:11分(合場)
【コメント】
連続試合だったため、10分で選手を総入れ替えして臨みました。
この試合も疲れからかボールタッチの精度も低く、GK駒寄のパントキックから抜け出した合場の得点のみと収穫の少ない内容でした。

交流試合(20分ハーフ)
○矢切SC 3-0(1-0/2-0) 習志野MSS
得点者:前半16分(合場)後半7分(合場)10分(西野)
【コメント】
お昼休憩を挟んで臨んだこの試合も中盤を厚くしたフォーメーションでしたが2ndボールを相手に支配されるなど突破口を見つけ出せずにいたが16分に個人技で抜け出した合場が先制点を挙げて前半終了。
ハーフタイムでは中盤が積極的にプレーに関わり、パスだけを考えるのではなく、「ゴールに向かう仕掛け」も忘れないことを確認して後半を迎える。
すると7分に西野が仕掛けたチャンスから合場が決めて追加点を奪う。その後もサイドから西野が突破して3点目を奪ったが2センターは機能しないまま試合終了。

交流試合(20分1本)
△矢切SC 0-0 習志野MSS
得点者:
【コメント】
気分転換にサプラズポジションで臨んだこの試合は攻め込まれる展開で左右・中央と相手のパスワークに振り回される苦しい展開も何とか耐えてカウンターからペナルティエリア付近で吉野山が倒されてFKのチャンスを得る。ここで御園・小室のフリーキッカーがトリックプレーを試みるが得点は奪えず試合終了。

攻撃面では課題の多い試合となりましたが守備面では安定感があり、GKを中心としたコーチングも良かったと思います。東葛予選突破を目指してプレーの精度を高めていきましょう!

| 試合結果 | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10/18 CTC4回戦【試合結果】

平成21年10月18日(日) 匝瑳市野手浜総合グランド
JAバンクカップ・チバテレビ旗争奪千葉県少年サッカー選手権大会・4回戦

●矢切SC 2-4(0-4/2-0) 市川K・IFC
得点者:前半2・14・15・16分(市川KI)後半13分(合場)17分(久保)
【コメント】
インフルエンザによる離脱・修学旅行の疲れ・遠方への長距離移動とコンディション的には難しい試合となりました。
大人用ピッチ・大人用ゴールで行われた試合は開始早々に先制されて自分達を見失ってしまうことが多くキック・トラップ精度が極端に悪く自分達のミスから攻め込まれる展開が続き14分から連続3ゴールを失うなど浮き足だってしまった。その後も相手の徹底攻撃(DF裏へのパス)にも対処出来ず、防戦一方の苦しい内容で前半終了。
ハーフタイムでは気持ちを落ち着かせて前半を振り返って焦らず基本プレーの精度を確認し、「5点目を恐れず攻撃的にプレーすること」を伝えて後半を迎える。
後半はポジションを大幅に変更し、攻撃的布陣で臨むとプレーも落ち着いて相手の攻撃にも対処出来るようになり始め、13分に兼田のクロスボールに合場が合わせて1点を取り返す。すると流れは矢切ペースとなり、16分に得たFKを西野が直接狙い、こぼれ球を久保が押し込み2点目を奪う。その後も攻め続けたが追加点は奪えず試合終了。
前半を0-4の苦しい内容で終えたが下を向くことなく、後半戦えたことにメンタル面での成長を感じられた。これで小学生最後の県大会は終わったが今回の諦めない気持ちを東葛大会や他の試合でも見せてほしい。

| 試合結果 | 01:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10/12 交流試合【試合結果】

平成21年10月12日 矢切河川敷グランド

都内強豪チームで親好の深いレスチジュニアを迎えて交流試合を行いました。

11人制20分ハーフ
△矢切SC 0-0(0-0/0-0) レスチジュニア
得点者:
△矢切SC 0-0(0-0/0-0) レスチジュニア
得点者:
●矢切SC 1-2(1-1/0-1) レスチジュニア
得点者:前半7分(レスチ)9分(西野)後半16分(レスチ)
【コメント】
これまで何度も対戦してきた強豪チームで常に拮抗した展開になることが多く、今回も1点を争う好ゲームでした。1本目の前半は相手の巧みなボール回しに振り回されることが多くチャンスを作れず前半終了。後半は前半の反省点を理解してすぐに対応することができたことが収穫でした。
2本目は兼田が積極的に仕掛ける場面も多く、攻撃面で数的優位を作ることが出来たが得点は奪えずスコアレスで終了。
3本目は疲れが見え始めてプレー精度も落ち、集中力を欠いたところから先制点を奪われたがすぐに同点に追いつく粘りが見られた。しかし、後半のCKから合わせられて勝ち越し点を奪われる。その後は硬直した展開のまま試合終了。

今回は色んな面で成長があり、誰が出てもパフォーマンスを下げることなくチームとして共通の意識を持てていた。とても有意義な一日だったと感じます。

| 試合結果 | 23:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT